初めての方へ
おこしやすぅ〜♪
関西出身・東京在住の管理人
祐(ぱおママとも名乗ってます)の
つれづれ日記です

単なる宣伝ペタやスパムコメントは
削除いたしますので悪しからず
ランキングの応援お願いします(*^.^*)
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Selected Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Categories
Archives
About
Links
qrcode
↑ケータイで読む↑
write
ピタゴラ装置
120212_1946~01.jpg

また、ぎゃおがハマってます。

120212_1946~02.jpg

楽しそうやねぇ(^w^)
TOPへ
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
0
    | ぎゃお | comments(0) | trackbacks(0)
    write
    ベンチのまま終わった都大会
    ブロック予選の初戦以降、ぎゃおは一度もマウスを守らせてもらえないまま
    チームは勝ち進み、都大会へ。
    1回戦・2回戦は都心を横断して味スタ近くのグラウンド。
    朝5時起きでお弁当を作り、寝ぼけ眼のすぅを連れて応援に出かけた。

    ぱおの時には、あと一歩で届かなかった都大会。
    組み合わせ表には名前を聞いたことがある強豪ばかり。
    某チームに元アイドル夫婦のお子さんがいるとかで
    応援に来ている元アイドルをこっそり見に行った。
    (何しに来たんだ、うちのチームは(^_^;)

    1回戦はPKで勝利。
    接戦でドキドキしたけれど、並んで肩を組んだ子供たちが
    緊張よりもワクワク楽しそうにしているのを見て
    「もしかしていける?」と思った。
    最初のゴンちゃんから落ち着いて決めてくれて
    最後はアスト君がナイスセーブ♪

    2回戦は都選抜にも選ばれたすごく上手な子がいるチームで
    最初っからスピードが違っていた。
    タイシ君が振りきられるのを始めて見た。
    しかも相手はボールを持ってるのにΣ(゚д゚;)
    前半で4点入れられ、ボロボロ。
    でも、諦めずに最後までよく走ったと思う。
    何より、後半を無失点に抑えたDFとアスト君はすごい!
    後半、相手チームの主力メンバーは引っ込んでしまったが
    それでも2〜3点は取るつもりだったのだと思う。
    最後はコーチが立ち上がって怒鳴ってたもん。

    残念だけど、力の差は歴然としていた。
    悔しいけれど納得の敗退。

    「ぎゃおがライバルでいてくれるから頑張れるんだよ」と
    アストママはいつも声をかけてくれるけれど
    体も大きいし、プレイもすっかり安定したアスト君に
    ぎゃおはもう敵わない。
    でも、一生懸命ベンチから応援してるぎゃおは
    やっぱりとても楽しそうだった。
    いい経験だったね。

    近隣のクラブチームのセレクションも始まり
    みんな進路を真剣に考えはじめたよう。
    ぎゃおはクラブチームのセレクションは受けないつもりのようだ。
    お兄ちゃんの挫折を目の当たりにしちゃったしなぁ(^_^;

    元々、ぎゃおはサッカーが好き!というより
    チームのみんなとワイワイ楽しくボールを蹴るのが楽しい!って感じで
    雨が降ったらうちでのんびりゲームしてるし
    筋トレやキャッチングの練習もそんなに熱心ではなかった。
    部活くらいがいいかな〜と思っているようだ。

    そのうち、もっと夢中になれるものが見つかるといいね。

    TOPへ
    人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
    0
      | ぎゃお | comments(0) | trackbacks(0)
      write
      ぎゃおの祝勝会
      先々週、都大会進出を決めた、ぎゃおたち。
      数年ぶりのブロック突破にママもコーチも盛り上がり
      集会室を借りて祝勝会をすることに。

      今日は仕事が休みだったので
      午後から準備の手伝い。
      買い出しを済ませ、テーブルセッティングをしていたら
      アストママからメール。

      「土手に来れる?
       なんか、ぎゃおがいじけてるよ」

      なんですと?
      慌てて電話したが、本人は電話に出ず
      ピッチにも入らずにグランウド脇でトイレ番しているらしい。
      「もう、置いて帰っちゃうよ〜」
      明るく笑うアストママに
      「はぁい!もう放っておいて〜」

      ぱおと喧嘩でもしたのかと
      自宅にいたぱおとすぅに探りを入れてみたが
      そんなそぶりもなかった様子。
      みんなより少し遅れて集会室に来たぎゃおを
      ちょいちょいと脇に呼んでみたが、口をへの字に結んだまま。

      「せっかくの祝勝会なのに、ぶんむくれてちゃ皆が困るよ
       詳しく言わなくていいけど理由は何?
       俺が悪い?誰かに悪いことされた?」
      「…半分ずつ」
      「そっか。
       じゃ、お互い様だから水に流そう!」

      会長の挨拶で祝勝会が始まると
      チームメイトと並んでお弁当をパクつく。

      「ぎゃおは、どうしちゃったの?」
      Tコーチが紙コップ片手にお隣へ。
      わかんないんですよ〜と言ってたら
      「なんかね、失敗しちゃったみたいよ」とお茶当番のママが。

      今日は隣でアストたちがトレセンの練習に参加していたのだが
      それをボンヤリ眺めていたぎゃおは
      自分のチームのアップ開始に気づかなかったらしい。
      ランニングを始めた子供たちに「何サボってんだよ!」と言われ
      合流のタイミングを逃して、いじけてしまったらしい。

      何やってんだかな〜ぎゃお。
      半々じゃなくて100パーセント自分のミスじゃん p(´⌒`q)

      半分酔っ払ったコーチたちに順にお酌しながら詫びて回り
      横目に見やると、ぎゃおは楽しそうに鬼ごっこ。
      ま、いいか(^_^;

      ぎゃおのチームは、スタープレーヤーやリーダーはいないけれど
      素直で可愛い、どちらかというと幼いタイプの子が多い。
      「ぎゃおの母ちゃん!こんちは〜!」と
      通りの向こう側からでも手を振ってくれるような。

      みんなで行く都大会。
      勝ちたいね。
      また祝勝会やりたいね。
      みんな、がんばれ〜♪

      TOPへ
      人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
      0
        | ぎゃお | comments(2) | trackbacks(0)
        write
        ぎゃおからのハガキ
        仕事を早めに切り上げて戻ると
        ポストにハガキが届いていた。
        ぎゃおが宿泊先で書いたものだ。
        「一日目が終わったぜーーーーっと!」
        ハイテンションな書き出しで
        ハガキ一面びっしり文字が書かれている。
        中身は殆どないが(^_^;
        楽しい!嬉しい!が溢れたハガキ。
        うんうん…良かったね。

        2泊3日の宿泊研修は今日で終わりだけど
        なんとか本人より先にハガキが届いた。

        続きの武勇伝は本人から聞きましょう(*^o^*)

        TOPへ
        人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
        0
          | ぎゃお | comments(0) | trackbacks(0)
          write
          宿泊研修
          ぎゃおは今日から栃木の自然学園に宿泊研修に出かけた。

          昨年、諸般の事情で宿泊研修に参加できなかった、ぎゃお。
          よほど懲りたらしく
          夏休みに帰省した後、リュックサックを仕舞わずに
          しおりを見ながらせっせと荷物を詰め替えた。
          夏休み終盤からは学校で配られた体調チェック表に朝晩忘れずに体温を書き込み
          バスの中でのゲームの準備にも余念がない。
          (レクリエーション係に立候補したらしい)

          昨夜も最後の荷物チェックを終えて
          早めにお風呂に入って床に就かせた。
          たけとぱおがサッカー観戦で盛り上がっていたので
          かな〜り後ろ髪を引かれていたが
          横になるとすぐに眠ったようだ。

          今朝は6時半に目覚ましが鳴ると
          珍しくサッサと起きてきてキッチンへ。
          昨夜のウズベキスタン戦の結果を見ながら
          「あ〜楽しみ!ワクワクする!」とニコニコ。
          「お弁当入ったよ」と声をかけると
          スキップしそうな足取りでリュックに収めに行き
          もどるとレクリエーションの進行メモを眺めている。

          「歯磨きは?」と言われて洗面所へ向かう後ろ姿に
          新聞を読んでいたぱおが
          「歯磨きの前に、おまえ、飯は?」
          「ほえ??」
          「牛乳飲んでるのは見たけどパンもバナナも減ってねーだろ!」
          「あれ?食べた…と思うけど何食べたか覚えてない…」
          「喰ってね〜よっ!
           おまえ、ボケんのもたいがいにしろっ!」

          はぁ?
          30分以上キッチンに座ってたのよ?
          しかも覚えてないって(゜∀゜;ノ)ノ

          ワクワクしすぎて、パクパクと勘違いしちゃったのねぇ…

          結局、もう一杯牛乳飲んだら「おなかいっぱい」と出かけて行った。

          うふふ…お土産話、楽しみにしてるわね!

          TOPへ
          人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
          0
            | ぎゃお | comments(0) | trackbacks(0)
            write
            コンサータ
            ぱおぎゃおが昨年から処方されている薬。
            集中力を高める一定の効果はあるようだが
            ぱおの以前の担任たちが期待したような
            劇的な変化があるわけではない。

            ぎゃおの不注意は相変わらずだし
            衝動抑制もできていないようだ。
            ピリピリガミガミ叱られないから目立たないだけで
            授業中も自分の世界を漂っている。

            目に見える薬の効果は食欲減退だけ。
            「お腹は空いてるんだけど食べても美味しくないの…」
            給食のおかわりは殆どできなくなり
            ただでさえ細いのに身長体重が伸びなくなった。

            先月、H教授の指示で担任の先生にお願いして
            服薬の有無による学校生活での注意力や態度の変化を
            チェックシートで書いてもらったが
            先生曰く「どっちも変わらない」
            ついでに、ぱおもこのところ落ち着いているので
            「じゃあ二人とも薬は休んでみましょうかねぇ」
            本人が診察をうけることもなく
            あっさりと服薬終了。
            次回までに特段の問題が起こらなければ
            通院もお休みにしましょう…と。

            確かに服薬や通院は負担だし
            なくなるのは良いことなんだけれど
            医療の手を離れてしまうのがなんとなく不安。
            ぎゃおは相変わらず自分の世界を漂っているし
            意志疎通もなかなか上手くいかないままで
            「困った」はいっぱい抱えている。

            「大爆発がないなら良好」が専門家の感覚。
            いや、親もそうなのかも。
            どんな子も、それぞれの悩みや困難を抱えているのだから
            日常生活の中で色んな経験を積んで成長すればいい
            …と、以前の私は思っていた。
            今もその気持ちは変わらないつもりだが
            「発達障害」と名付けられてしまってから
            自分の判断に自信が持てなくなった気がする。

            これは彼の特性で仕方がない部分なのか
            それとも矯正するべき欠点なんだろうか。
            私が叱ったことは「しつけ」それとも「理不尽な押し付け」?
            この思いは、彼らに届いているんだろうか…

            いやいや。
            きっとどんな親もぶつかる悩みなんだろうな。
            専門家に関われることで出てきた甘えなのかも。

            自分の力は信用ならないが
            息子たちの力を信じよう!

            TOPへ
            人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
            0
              | ぎゃお | comments(2) | trackbacks(0)
              write
              ブロック予選
              節電でナイター設備が使えず
              春休みが終わっても夜練は中止のまま。
              コーチの尽力で日曜日は練習試合が組まれ
              先週は雨の中、泥まみれで熱戦。
              今度はケイスケ君が熱を出し(>_<)

              そんなこんなで迎えたブロック予選。
              初戦の相手は昨年度ベスト4の強豪。
              しかも、アウェイ&アウェイで2試合。

              「母ちゃん、今度の試合のおやつ何?」
              気負いも緊張もなく、差入れのおやつを心配する、ぎゃお。
              「調子はどうなん?
               みんな8人制には慣れてきた?」
              「ん〜わかんない」

              アスト君はどんどん体も大きくなるし
              プレイが安定して自信もついてきたよう。
              このところ、ぎゃおはずっとベンチウォーマー。
              ぱおを知っているコーチには
              「ちっちゃくてもいいんだけどさ
               兄ちゃんみたいな、迫力っつーのかな
               こいつ、止めるぞ、ってオーラが欲しいんだよな」
              ガッツもあるし声も出してるけど
              ここぞって時の存在感が足りない。
              悔しさもあるんだろうが
              にこりん・ぴょこたんとマイペース。
              そして今回もぎゃおの出番はなかった。

              序盤から果敢に攻め
              シュートの数も勝っているのだが
              ゴールに嫌われ、得点できない。
              後半は両チームとも足が止まってくる。
              8人制なのに4バックみたいになってるし。
              あと一歩、もう一枚FWが欲しい。

              1本目、ドロー。
              2本目も、ドロー。
              「頑張れ〜!」「大丈夫!負けない!」
              四十路の黄色い?大声援の中、最後はPK戦。

              応援のママたちは、口から心臓が飛び出しそうだというのに
              子供たちはみんなで肩を組んでいる。
              サムライブルーか。
              アスト君がいつもより大きく見えた。

              1本目、ゴンちゃんが落ち着いてネットを揺らす。
              相手のキックをアスト君は読んでいたが
              わずかに及ばず、1‐1。

              2本目、ソウシ君が決めてリード。

              3本目、いつも豪快なダイスケ君が
              コロコロシュートでリードを維持。

              4本目、ユウタ君が鮮やかに決め
              相手のハイボールをアスト君が弾き返した。

              4‐2。
              わ〜っと歓声を上げて走る子供たち。
              ママたちは泣いてるし。
              見回すと、大殊勲のアスト君のママがいない。
              「もう見てられない!」と
              少し離れて見ていたらしい。
              本日のMVPだよっ!

              まだまだ始まったばかり。
              「全国大会までいけたら
               チームのバスを買ってやる!」
              と豪語しちゃったコーチもいるとか、いないとか(笑)
              ぎゃおも、みんなと一生懸命応援してたね。
              良かったね♪

              TOPへ
              人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
              0
                | ぎゃお | comments(0) | trackbacks(0)
                write
                新学期
                ぎゃおもワクワクドキドキの新学期。
                いよいよ6年生。
                60人弱が2クラスに分けられ担任はどちらも女性。
                年配のぎゃおの担任の先生は
                今年から転任されたのでまだタイプがわからない。

                プールの改修や校舎の増改築があったので
                教室の配置もすっかり変わっていて
                保護者会の案内をみたママ友から
                「多目的ルームってどこ?」とメールが来たり。
                私も知らないってば(^_^;

                始業日、機関銃のように今日の出来事を報告するすぅが
                「ぎゃおにぃにの教室、お隣なんだよ!」と。
                「じゃあ困ったときは助けてもらえるね」と言うと
                「うん!
                 ぎゃおにぃにが怒られてたらママに教えてあげる!」

                ぎゃはは…(≧∇≦)
                大笑いするたけの横で、ぎゃおが頭を抱えてるので
                「報告されて困るようなことは
                 しなければ良いだけじゃん」
                「だって…
                 それができないんだもん」

                おサルのように椅子の上で丸くなり
                おやつを摘まみながらため息。

                すぅを避けるのかと思ったら
                毎日のように、ちょっかいを出しに行くらしく
                「ぎゃおにぃに、うっとおしい!」
                と、すぅに嫌がられている。

                兄の威厳まるでなし。
                がんばれ!6年ぺー!!

                TOPへ
                人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
                0
                  | ぎゃお | comments(0) | trackbacks(0)
                  write
                  怪我をさせた…
                  近頃、ぎゃおも元気がない。
                  もともと学校でぽつんと浮いていることが多いらしいが
                  クラスの男子にバカにされたり仲間に入れてもらえない…と
                  何度か泪目で言っていたが
                  「どうしてなのかなぁ?
                   もう一回、遊ぼうって誘ってみれば?」
                  と、軽く受け流すことしかしなかった。

                  「Kたちがオレのこと、エガシラって呼ぶの。
                   なんでっても教えてくんないし
                   やめてっても笑うばっかでさ。
                   オレ、そんなに変?
                   オレが悪いことしたの?」

                  「ぎゃおは自分で、Kたちに悪いことしたって思う?」

                  「わかんない。してないと思う。
                   でも、話しかけただけで
                   黙れとかウザイとか言われるの」

                  マイペースでほよよ〜んとしたぎゃおにイラつくのか
                  聞けば随分ひどい台詞も吐かれていて
                  この頃は「バイ菌ごっこ」のターゲットにされているらしい。

                  「なんかね、オレにばっかりバイ菌集められて
                   オレがタッチしたときは新しいバリアとか作って
                   セーフだもんって言うんだよ?
                   この頃はオレがバイ菌の元にされたり…」

                  永遠に鬼を辞められない鬼ごっこ。
                  いつの時代も変わらない、典型的なイジメだ。

                  「先生に相談してみてごらん」
                  何度か声をかけたが
                  ぎゃお一人では言葉を上手く紡げずに
                  鬱々としているようだ。
                  昨夜また泣きながら話してくれたので
                  「少し気をつけて様子をみてもらえないか」と
                  連絡帳でお願いした。

                  そうしたら昼過ぎに学校から電話が。
                  ぎゃおがK君に怪我をさせたらしい。
                  給食の準備中に言い争いになり
                  ぎゃおがキレて投げつけたトングが
                  K君の眼下にあたり血が出たと。

                  「ぎゃおには学校でもう一度話をして
                   通常通り下校させるので
                   K君の保護者には、そちらからも連絡を…」

                  なんてことを…(ノ△T)
                  幸い、目に当たらなかったので
                  怪我は軽そうだと聞いてホッとする。
                  ぎゃおの辛さを訴える前に加害者になってしまった。
                  ぎゃおも相当凹んでいるだろうが…

                  もっと早く気づいて動いていれば…
                  私が凹んでも仕方ない。
                  ぎゃおの話、もっと聞かなくちゃ。


                  TOPへ
                  人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
                  0
                    | ぎゃお | comments(2) | trackbacks(0)
                    write
                    冬休み終了
                    11日から学校が始まった。
                    ぎゃおは宿題が少ないので緊迫感がなく
                    チャレンジも溜め放題
                    漢検の勉強もあまりせずに
                    連日ふわりふわりと遊んでいた。

                    最終日になって準備をさせると
                    「母ちゃん、一行日記の紙がない」
                    なんやと〜!?(-_-#)

                    半泣きで探すが出てこない。
                    そもそも、いつから書いてないんや(-"-;

                    新聞の束の中からたけが発見。
                    記憶を手繰り寄せ記入する。

                    この一行日記、私は嫌い。
                    手帳のメモ程度しか書けないし
                    毎日イベントがあるわけでもなし
                    子供に書かせる意味あるのか?
                    せめて絵日記とか…は先生が見るのが面倒なんだろうな。
                    ぱおの担任なんか一行日記でさえ
                    一言のコメントもなくチェック印だけだったし。

                    で、11日だ。
                    すぅの保育園で布団カバーをかけていると電話が。
                    「母ちゃん、上履きがない…」

                    はぁ??
                    昨日、あれほど準備したやろうっ!?
                    「あったはずなの。
                     準備したんだけど…どこに置いたかわかんない」

                    ランドセルと一緒に体操服やら道具箱やら山にしてたけど
                    その中にもないの?
                    4月から学校が統合し、指定靴などが変わるらしいので
                    ワンサイズ大きい買い置きもない。
                    ぱおが履いてたのは、あまりに汚いので捨てたし。

                    「もうっ!今日は先生に謝って、後で探しなさい
                     学校に遅れるよ」

                    夕方、電話で聞くと
                    「えへへ…防災頭巾の袋に入れてた
                     学校に行って準備してたら、あったの。
                     先生に言う前に気付いて良かったぁ」

                    (°□°;
                    良かったぁじゃないでしょうが。

                    はぁ…頼むぜ、兄ちゃん。
                    4月からは、すぅにバカにされちゃうぞっ!

                    TOPへ
                    人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
                    0
                      | ぎゃお | comments(0) | trackbacks(0)

                      / 1/10PAGES / >>



                      低価格レンタルサーバー