初めての方へ
おこしやすぅ〜♪
関西出身・東京在住の管理人
祐(ぱおママとも名乗ってます)の
つれづれ日記です

単なる宣伝ペタやスパムコメントは
削除いたしますので悪しからず
ランキングの応援お願いします(*^.^*)
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Selected Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Categories
Archives
About
Links
qrcode
↑ケータイで読む↑
<< 玄関が開かないの・・・ | main | 私とのりピー >>
write
入院!?
週明けくらいから体調を崩していた、たけ。
少し熱っぽい、体がだるいと言っていたのが
どんどん喉が苦しそうになり
木曜日には水を飲むのも痛い・・・と。
が、毎度のごとく仕事が忙しくて休めない 少し休めば大丈夫と頑張り
ダイッキライな医者には行かずに済まそうとしたのだが。

昨夜は何度も何度も寝返りを打ち、痰を吐き
とうとう呼吸まで苦しくなったらしい。
殆ど眠らないまま朝を迎え
早々に近所の救急対応の病院へ出かけて行った。
今日は久々のシフト休だったのだ。

しかし、8時過ぎに出かけたまま、待てど暮らせど帰ってこない。
11時半を過ぎ、子供たちに食事をさせ
サッカーの準備をしていると電話が。

「・・・れ・・・が・・・ま・・・ら・・」
話しているつもりなんだろうけど声になってない。

「え??何??わからへんってば!!」
ぶちっと電話が切れ、メールが来た。

「これから帰る。もう一軒病院に行く。一旦帰る」
専門医がいないからとやはり近所の大きな耳鼻科への紹介状をもらったらしい。
検査その他でさんざん待たされたらしく
体調は更に悪化し、声はまったくでないし、顔は真っ青。
ぷんぷん怒って診察券と領収書をぶん投げる。

つらいだろうけど、お腹に何か入れたほうが・・・と
ウィダーを出したら、つらそうに時間をかけて飲み込んだ。

2時過ぎに病院から電話があった。
「ご主人、入院されることになりましたので
 身の回りのものを準備してお持ちください。
 ご主人、お仕事を随分心配されていて
 とりあえず会社の方に連絡して欲しいとのことです」


え〜〜〜〜〜!?Σ(゚д゚;)
もしかして新型インフルエンザ??
こどもたちも隔離かしら??
わたしの仕事はどうなる!?
一瞬の間に頭の中をぐるんぐるんといろんなことが駆け巡った。
が、どうやら家族に影響はないらしい。

とりあえず、たけの会社に電話を入れ、入院することを伝える。

「あ〜〜やっぱり・・・
 トローチかなんか舐めてたのは知ってるんですけどね
 そんなもんより医者行った方がいいよって
 言ってたんですけどねぇ」

マネージャーさん、そうは言うけど休ませてくれないじゃん?
日曜日プラス月2回のシフト休み以外、一切休めない、たけ。
有休は腐るほど余っているはずだけど
一度、インフルエンザで休んだら
事前の申請がなかったから有休は使えないって
キッパリ一日分給料引かれたもんね。
それがわかっているから、たけは週末まで我慢したんだよ。
文句を言いたいが、マネージャーさんも雇われ店長。
たけの会社のガンは、大阪にいる社長なんだよね。
はぅ〜〜〜
このままクビとか言いかねないところが恐ろしい(ーー;

病状の詳しい説明を受けて週明けに電話することにして
急に休むことを詫びて電話を切った。


慌てて荷物をまとめ病院に駆けつけると
ぐったりと半分意識がない状態で病室のベッドに横たわり
点滴を受けていた。

先生から説明を受ける。

扁桃腺の両側に悪性の膿が溜まっていたのが
喉の痛みと微熱の原因で
これは切開して吸引した。
この膿が原因で気道の入り口付近も腫上がっており
食道との入り口にある弁が圧迫されている。
このまま放っておくと窒息してしまうが
こちらは切開できないのでホルモン剤を点滴している。
状態を見ながら、場合によっては膿の再切開・吸引もありえる。
最低4日、長ければ1週間以上の入院になる・・・
と。

もっと早く病院に来ていれば
ここまで酷くはならなかったのに・・・
風邪だと素人判断して甘く見ちゃいかんのですよ!

こっぴどく説教されました(ーー;


一旦帰って、サッカーのお迎えの後
再度、足りなそうなものを準備して病院へ。
冷蔵庫はあったがTVがなかったので
退屈凌ぎにスポーツ新聞と文庫本を買っていく。
普段買わないから何を買っていいのか迷っちゃったけど
どれも一面トップはのりピーだ。
中身に大差はないだろう。


ちょうど食事の時間でベッドに起き上がっていたが
やはり痛みで食べられそうにない。
院側も食べられないのは承知の上で
入院費にセットされているので食事は出す!って感じみたい。

まだ点滴の管が刺さったままだが
静かで涼しいところで眠った分、楽にはなったらしい。
早速スポーツ新聞を広げて読み始める。

あのねぇ・・・(ーー;
話せないのはわかるけど、だからメモとペンも持ってきたでしょ!
「心配かけて悪いな」とか「ぱおたちはどうした?」とか
なんか嫁にかける言葉はないんかい!?

すぅと一緒にしばらくベッド脇に座っていたが
いても迷惑そうなので帰ることにした。
毎度のことだけど、具合が悪いと一段と横柄なのよね。
体がつらいのは仕方ないけど
ちょっとした仕草や表情で看護婦さんの心証も変わるのよ?
こんなんじゃ、年取ったら介護してもらえないわよ??

なんだか意味もなくプンプンしながら帰ったら
ぱおに
「かあちゃん、父ちゃんがいないと不機嫌なんだよな。
 こどもじゃないんだからさ〜」

と窘められた。

・・・すみません・・・
だって、心配したんだもん!!

おバカな旦那を持つと苦労するのよ!
あなたたちは半面教師にして
将来、素敵な旦那様になりなさいっ!!

TOPへ
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
0
    | たけ | comments(0) | trackbacks(0)

    Comment
    It comments.









    Trackback URL of This Entry
    http://blog.you-sweet.bitter.jp/trackback/1256553
    Trackback



    低価格レンタルサーバー