初めての方へ
おこしやすぅ〜♪
関西出身・東京在住の管理人
祐(ぱおママとも名乗ってます)の
つれづれ日記です

単なる宣伝ペタやスパムコメントは
削除いたしますので悪しからず
ランキングの応援お願いします(*^.^*)
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Selected Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Categories
Archives
About
Links
qrcode
↑ケータイで読む↑
<< ぎゃおからのハガキ | main | 居酒屋か、バーか >>
write
M君ママから電話があった
帰宅すると留守電にメッセージが。
「昨年、H中で同じクラスだったMの母です…」
ぱおの話にときおり名前が出ていたと思うが
私はM君や親御さんとは面識がない。
保護者会で会ってるかも知れないが…覚えていない(-"-;
ぱおと何かあったのかと電話してみたら
「ぱお君、転校してからどうですか?」と。

Mも問題児のレッテルを貼られ何度も教師の暴力を受け
不登校になって3月中旬に転校した。
新しい学校にも馴染めず不登校が続いていて
教育相談やスクールカウンセラーと面談しているが
本人は「先生も大人も信用できない」と会おうとしない。
9月1日にやっと学校に行ったが誰とも話せずに帰ってきた。
スクールカウンセラーから
「発達障害の可能性があるから病院に行っては?」と言われ
チャレンジスクールへの編入も進められたが
どうしていいか、わからない。
Mから、ぱおの話はよく聞いていたので
ぱおママなら気持ちを判ってもらえると思って…

Mママ、かなり思い詰めている様子。
それにしても、うちが面談に行った時
担任、学年主任、校長と勢揃いの誰一人、M君の事には触れず
問題があるのは、ぱお一人って口ぶりだったのに。
うちより先にM君が転校してたなんて。

「まぁ!じゃあ、やっぱり2月に電話すれば良かったわ!
 ぱお君、ちっとも悪くなんかないのよ
 先生はいつだって、お前たちの話なんか信用できるかって
 まるで聞く耳持たなかったんだから!」

M君から聞いた…と話してくれた内容は私の知らないことばかり。
他の生徒の悪戯や私語をぱおたちのせいと決めつけて叱りつけ
反論しようとすると、殴る(ビンタではなくグーで)、蹴る
胸倉を掴んで頭を壁に打ち付ける
ダンボールやロッカーを背にした状態で胸倉を掴んでエビ反りに抑えつける・・・
I先生・H先生のしたことは体罰のレベルをはるかに超え、一方的な暴行。
12月には廊下で2人がかりで暴行されているのを
2年の先生が止めに入ったこともあったらしい。
1年の担任団は傍観しており、生徒が他学年の教師を呼びに行ったのだという。

担任のU先生はI先生・H先生に言いつけて、後は知らぬ存ぜぬ。
それも殆どが言いがかり。
M君の不登校を相談すると
「M君がいないとクラスがすごく落ち着いて・・・」と
もう来るなと言わんばかりだったという。
転校が決まった時も
「本人が反省しない限り、どこに行っても同じ
 どうせ転校しても学校になんかいけないだろう」

(((( ;゜Д゜)))
それが教師の言葉か。
うちの時もひどかったけど、うちだけじゃなかったんだ・・・

ぱおは、暴行を受けたことは殆ど話さなかった。
「叱られる原因は君にあるよね?」
私はいつも、そう言って叱っていたから。
私に対しても「言っても無駄」って諦めていたんだろう。
そして、そこまでの暴力だと知らなかったから
「息子が学校の方針に合わないので転校させて欲しい」と
お願いして転出したのだ。
「お世話になりました」と頭を下げて。
その後、S君が転校した時にSパパから
「暴力行為の告発をするから、ぱおにも協力して欲しい」と連絡があったが
終わった事だし、もう係わりたくないと、そのままにしていた。

しかし・・・これはひどい。
子供達は心も体も傷ついて、今も大人への不信感を抱えているのに
加害者の先生は何食わぬ顔で教壇に立っている。
反省どころか、自分たちは正しいと信じて。
ぞっとした。
それから、ぱおに、申し訳ないと思った。

Mママとは今後も連絡を取り合うことにして
Mママの許可を得て、Sパパから連絡を入れてもらうことにした。
私も一緒に動く覚悟があることをSパパに伝えた。

幸い、ぱおとS君はM中でやり直せているが
S中で孤立してしまっているM君が外に出られることが一番大事。
Mママにも、そう思っていると話し
ぱおが発達検査を受けた後の経過や教育相談のことも話し
休みの日など、ぱおからも声をかけるように言ってみることに。

今後の展開が全く読めないけど・・・
こどもたちが本来の姿を取り戻すことが一番だよね。

TOPへ
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
0
    | ぱお | comments(0) | trackbacks(0)

    Comment
    It comments.









    Trackback URL of This Entry
    http://blog.you-sweet.bitter.jp/trackback/1302479
    Trackback



    低価格レンタルサーバー